法律を扱う資格とは

法律にまつわる資格をとる

トップ

法律関係の国家資格について

法律を扱う国家資格はいくつかあります。まず、裁判官・検察官・弁護士は司法試験に合格して司法修習を修了することによって得られる最難関の法曹資格です。資格を得ることによってできる業務の範囲も最も広いものといえます。そういった法律に関係する以外の資格として、登記業務をメインに行う司法書士、書類の作成・提出等を手掛ける行政書士、知的財産のプロフェッショナルである弁理士、刑務所等の職員として働く刑務官、家庭裁判所の裁判官の補佐を行う家庭裁判所調査官など様々な資格があります。いずれの資格についても、国家試験を受けて合格する必要があり、場合によっては研修等を経る必要があります。

士業の国家資格について

士業の国家資格には法律に関する知識を活かせるものが多いです。司法書士や社会保険労務士などは試験問題のほとんどが判例から出題され、実務においてもその知識が重要になります。税理士や公認会計士は実務で数字を扱う事が多いですが、試験を受けて資格を取得する際には判例などの知識が必要です。また開業をしている場合には一般人から相談を受ける事が多いですが、その際にも判例に照らし合わせて相談をする事になります。そのため士業で開業する場合には法律に詳しくなる必要があり、判例などの内容をしっかりと把握しておく事が大切です。